合同会社レジスポ

仕事内容

Work

児童指導員
発達支援を目的としたスポーツレッスン

トランポリン、とびばこ、鉄棒、なわとびなどの定番種目から、スクーターボード、ダブルペダル、バランスカップなど、ちょっと珍しい種目まで、多種多様なツールを使いレッスンを行います。

子どもたちに「できない」が「できた」に変わる“成功体験”を生み出す。【子どもたちの成長を肌で感じる】それがこの仕事の醍醐味です。思い通りに行かなくても目の前にあることにしっかり向き合い、前向きにもう一度チャレンジしようとするその心をスポーツを通して教えていくお仕事です。経験スキルより「挑戦したい!」という思いを重視します。

スタッフインタビュー

~障がい児の分野に興味があり保育の現場からレジスポへ!今年で7年目のスタッフ~

●保育園とレジスポの違いとは…
保育園だと集団を見る体制になりますが、
レジスポだと個別レッスンのため、一対一で関われることが違いになります。
また、未就学児から高校生まで通うことができるので、継続して成長を見ることができることも魅力の一つです!

●この仕事の楽しさやりがい
レッスンは同じ子どもと1回/1時間、月3回程度のペースで行っております。「毎回この1時間が勝負!」と思っており、
スキルや学んだことを十分に活かすことができるように試行錯誤しています。そのプロセスが楽しさに繋がっています。
また、できなかったことが「できるようになった」時の喜びを一緒に分かち合えることが大きなやりがいですね!
卒業した後も会いに来てくれる子もいて、成長を肌で感じるやりがいのある仕事だと思います。

~人の繋がりで紹介入社!県外小学校の現場からレジスポへ!今年で4年目のスタッフ~

●小学校とレジスポの違いとは…
小学校だと30名近くの生徒を全体を見る体制になりますが、
レジスポだとマンツーマンの個別レッスンのため、子どもとより深く関われることが魅力の一つです。
また、教員だと朝が早く7時頃に出勤していましたが、レジスポは平日は10時半出勤で、残業もほとんど無く働きやすい環境も魅力に感じます!趣味のサーフィンやジム(ブラジリアン柔術)にも行けるのでライフスタイルを充実させることができます!
少し視点を変えれば、教員採用試験に向けて、勉強中の方にもおすすめですね!

●この仕事の楽しさやりがい
レッスンがマンツーマンのため、子ども表情をより近くで感じれることが楽しさの一つです。
この仕事はスポーツを通して、失敗しても立ち直り挑戦する心を育てることが目的となります。
何度もチャレンジし、成功した時の表情が「ふわっ」明るくなる瞬間は、大きなやりがいを感じます。
また、レジスポの代表は、自分自身がやってみたい教室を提案すると「やってみよう!」と共感してくれます。
実は、趣味のブラジリアン柔術を活かした格闘技教室を開き、子どもたちに「楽しさ」を伝えています。
その風通しの良い職場環境も大きな魅力です♪